小説家になろうのオススメ『悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます』

すべて

こんにちは、読み専です。

第29回作品紹介、本日もやっていきたいと思います。

明日はオススメ6選を紹介しますので、楽しみにしてください!

『悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます』〜あらすじ・評価〜

タイトル:悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます

  • 作者:緋色の雨
  • 文字数:526,237
  • キーワード:身分差 乙女ゲーム 悪役令嬢 溺愛 執事様 育成 異世界から異世界転生 ラジオドラマ化 破滅回避 悪役令嬢を救う 書籍化

〜あらすじ〜

本編、ひとまず完結。

 KADOKAWA ドラゴンノベルスより一巻発売中!コミカライズ決定!マンガUP!&ガンガンOnlineにて連載予定!

 MBSラジオ「寺島惇太と三澤紗千香の小説家になろうnavi」8月の朗読劇に選ばれました。

放送は計四回。バックナンバーはYouTubeにて視聴いただけます。*リンクは作中にあります。

『あらすじ』

 前世の記憶を取り戻したシリルは、自分が乙女ゲームの登場人物、悪役令嬢・ソフィアの執事であることに気付く。

 このままでは、ヒロインに王子を奪われたソフィアが闇堕ちして処刑されてしまう。

 お気に入りだった悪役令嬢を救おうと考えたシリルは、執事として彼女が闇堕ちする要素を排除し、王子の愛を勝ち取れるような才色兼備の令嬢に育てるのだが……

 8月30日に異世界恋愛の日間1位、週間1位、月間1位、同時入り果たしました! 四半期1位と年間3位も獲得しました。応援してくださったみなさんありがとうございます!

 書籍化に伴い、サブタイトルが変更になりました。

(旧サブタイトル)~俺が育てた彼女はとても可愛い~ (連載版)

小説家になろう『悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます』より

「悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます」は大きなジャンルとしては最近流行りの悪役令嬢ものですが、転生した人物が執事なため王道の悪役令嬢ものとは少し異なると思います!

王道のものは女性受けを狙った作品だと思いますが、執事などに転生すると男性受けを狙ったものになりますね!

私は女性主人公の小説は読まないので、こういった作風のものがあると、擬似的に悪役令嬢ものを体験できるので大変ありがたいです。

それでは、詳しく紹介していきます!

◎『悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます』の魅力

執事と悪役令嬢の甘いストーリー

破滅フラグなんて存在していなかったんじゃないか、と疑ってしまうほど、主人公の執事と悪役令嬢が甘い雰囲気を出しています。

逆に本来の婚約者であった王子がかわいそうになってくるほどです笑

時々主人公が悪役令嬢のヒロインに対して執事ではなく、一人の男としてのセリフを言うシーンがあるんですが、そのシーンが甘すぎて本当に悶えてしまいます!

ヒロインが本当に主人公を信頼しているというのがとても良く伝わるお話でした。

学園での話が多い

やはり異世界といったら学園ものですよね。文化祭での舞台設置で争ったり、演劇をしてみたり、様々なイベントがあってとても楽しめました。

特に演劇のとあるアクシデントの対策は、とても読者に寄り添ったお話だったと思います!

読者の「今の展開に不満がある訳じゃないけど、こうなったらいいなぁ」をしっかりと拾って描いてくださりました。

こういうことができる作者さんって、小説家になろうでは最大の武器になるんじゃないかなと思います。

本当の悪役がいない

悪役令嬢ものでありながらこれほど甘い恋愛小説に仕上がったのは、偏にストレスのかかるキャラがいないからだと思います。

悪役令嬢ものはゲームの中での主人公とその恋人である王子が敵対することがほとんどですが、この小説は全く違いました。

この小説の王子とゲームの主人公は、単純にお互いに惚れてしまったというだけで、性格が歪んでいるとかそういうことは一切ありません。

なのでその2人のキャラクターが読者にストレスを与えるような展開を作り出す訳でもないので、ただただ執事と悪役令嬢のレブストーリーに浸って入られました。

今後こういう小説が増えると、読者としてはとても嬉しいです!

△『悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます』の気になった点

ゲームの結末やキャラクターの掘り下げ

この小説は原作にゲームがあるという設定でしたが、そのゲームの結末を迎えるより前に完結してしまったというイメージです。

ストーリーの表面上をただ辿ってきたというような話の流れになってしまっていますので、もっとお話を掘り下げたらより深い小説になり、人気も出てくるのではないかなと思います。

また、キャラクターの中でも「このキャラは結局この後どうなったんだろう?」とか「このキャラはなんでここにいるの?」と、とても気になる要素がまだ解決されていませんでした。

なので、私としてはまだ消化不良な部分が残っている小説ですね。

書籍化やコミカライズ次第で本編の続編を書いていただけるそうなので、その時に解決されることを期待しています!

書籍化について

「悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます」はKADOKAWAより1巻発売されています!

私はまだ購入していないのですが、なろう版の文字数や書籍版に巻数が書かれていないので2巻以降の発売の予定はないと思われます。

電子書籍版なら安く買えることもあるので、まだ読んでいない方はなろう版を読むのではなく、書籍版を買ってしまってもいいかもしれません!

下にリンク貼っておきます。

まとめ・リンク

本日は『悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます』を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

また明日はついにオススメ6選を紹介していきますので、是非チェックしてみてください!

私自身もとても楽しみです!

それでは、またお会いしましょう!

気になった方はこちら→『悪役令嬢の執事様 破滅フラグは俺が潰させていただきます

コメント

タイトルとURLをコピーしました