小説家になろうのオススメ『無職転生-異世界行ったら本気出す-』 

すべて

こんにちは、読み専です。

今回が小説家になろうの作品紹介1回目ということで、まずは小説家になろうでトップを獲り続けた作品を紹介したいと思います。

『無職転生-異世界行ったら本気だす-』〜あらすじ・評価〜

タイトル:無職転生 ー異世界行ったら本気だすー  <完結済>

  • 作者:理不尽な孫の手
  • 文字数:2,829,292
  • キーワード:R15 残酷な描写あり 異世界転生

〜あらすじ〜

34歳職歴無し住所不定無職童貞のニートは、ある日家を追い出され、人生を後悔している間にトラックに轢かれて死んでしまう。目覚めた時、彼は赤ん坊になっていた。どうやら異世界に転生したらしい。

 彼は誓う、今度こそ本気だして後悔しない人生を送ると。

『小説家になろう 無職転生-異世界行ったら本気出す-』

〜評価〜

  • 文章力:7
  • ストーリー:10
  • のめり込み度:10
  • 総合評価:9

無職転生、小説家になろうの金字塔とも言われる作品ですね!

小説家になろうユーザーの方なら一度は読んだことがある方が多いと思います。

前世がニートの主人公ルーデウスが、今回の人生では懸命に生きようとする一生を描いた物語です。

◎『無職転生-異世界行ったら本気出す-』の魅力

主人公ルーデウスの成長

あらすじにも書いてありますが、物語の主軸は主人公ルーデウスの成長です。

赤ん坊の頃から一生懸命に生きようと努力しますが、必ずしも全てが順調とは行かないところがこの作品の魅力だと思います。

家族との衝突や友人関係でのすれ違いなど、実際に読んでいる人も苦悩したことがあるような場面がとても丁寧に書かれているため、まるで自分のことのように共感してしまいます。

それでもルーデウスが壁を一つ一つ乗り越え、成長していく姿が多くの読者から支持を得ている大きな理由だと思います。

魅力的な登場人物

この作品のすごいところは敵・味方問わず使い捨てされるようなキャラがほとんど存在しないところです。

味方が魅力的なキャラクターであることはもちろん、敵となるキャラクターもその人なりの信念があり、主人公の敵となっています。

たとえどんなに性格が歪んだキャラクターでも、そう至るまでの経緯が1人ずつしっかり書かれています。

敵キャラでも負けた時に悲しく感じてしまうほど、無職転生の登場人物達には魅力が詰まっています。

六面世界

急に見覚えのない単語が飛び込んできたと思いますが、六面世界というのは無職転生で登場する独自の世界のことです。

この六面世界の使い方が半端なく上手いです。

大抵の物語は風景描写や設定に使って、その後は触れないことが多いですが、無職転生はストーリーの最初から最後まで、ずっと六面世界の設定が活かされています。

作者の理不尽な孫の手さんは六面世界を舞台にした他の作品も書いているので、無職転生は六面世界のなかで起きた1つの物語といった認識が正しいかもしれません。

ダレないストーリー

無職転生は約300万字と小説家になろうの中でもトップクラスに入る長編ですが、途中でダレることが一切ありません。

全てが物語を進める上での重要な要素となっていますので、途中で「この章はつまらないな」と思うことがありません。

また、無職転生にはターニングポイントというどんでん返しが存在しています。

このターニングポイントがとにかくすごい!

詳しくはネタバレになるため言いませんが、この5つのターニングポイントの存在が無職転生が他のファンタジー小説と一線を画している要因でもあります。

最初のターニングポイントは第十九話です。

そこまで時間をかけずに読めますので、これから無職転生を読もうか迷っている方は是非、お試しに19話まで読んでみていただければと思います。

△『無職転生-異世界行ったら本気出す-』の気になった点

地味に多い下ネタ

世界観として男尊女卑の観念を取り入れているのか、所々に女性を性的な対象として扱うような場面が存在します。

自分は少し気になる程度で読み進められましたが、そういったものが苦手な方は、何回か不快に感じると思われるかもしれません。

パロディネタ

文章が一人称視点なので、主人公のギャグが多く出てきます。

国民的アニメのパロディもありますが、結構古くてコアなネタも多いので、アニメやゲームなどのサブカルをあまり知らない方は「なんだこれ?」といった気持ちになってしまうかもしれません。

パロディネタに関してはかなり好みが別れると思いますので、好きじゃない方はあまりお勧めできない

です・・・

アニメ版<2021/04/01追記>

今年の冬からついにアニメが始まりましたね!!

とにかく作画が綺麗で、さらに構成が原作とは違うのですがアニメでより伝わりやすいようになっているという・・・

製作側の情熱がとても感じられる作品です。

今までなろう系のアニメは不遇な扱いをされることが多かったからこそ、無職転生のアニメのクオリティに感嘆するばかりです。

気になる点で地味に多い下ネタと書きましたが、アニメ版ではコンプライアンスがある為かなり抑えられていて、万人受けする作品に近づいたのではないでしょうか?

今度アニメ版で一記事書こうか迷っています笑

それくらい良い作品でした。

まだ見ていない方は是非みてもらいたいです。

もしamazon primeやNetflixに入っていなければ、 U-NEXTが31日間だけ無料で使えるので是非そちらでご覧ください。

一応下にリンクを貼っておきますね。

ただ31日以内に解除しないと2,000円ほど支払うことになるので注意が必要です!

まとめ・リンク

いかがでしたでしょうか?

この作品は自分が小説家になろうにハマったきっかけでもある作品なので、とても思い入れが深いです。

無職転生はこれまでに書籍化・漫画化されており、アニメ化も制作が進められています。

トイレにいく時間が勿体無く感じるほど、この作品の世界観にのめり込めます。まだ読んだことのない方は是非一度ご覧ください。

ルーデウスと素敵なキャラクター達があなたを1週間、小説家になろうに拘束するでしょう!

気になった方はこちら→『無職転生-異世界行ったら本気出す』

コメント

タイトルとURLをコピーしました