小説家になろうのオススメ『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』

すべて

こんにちは、読み専です。

このサイトは、「小説家になろう」にて掲載されている作品で、私が個人的におもしろいと思ったものを紹介しています。

もし、「読みたい小説が見つからない!」や、「この小説気になっているけど、なかなか手が伸びない・・・」といった方は、ぜひこのサイトを活用していただければと思います。

それでは第37回作品紹介、本日もやっていきたいと思います。

『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』〜あらすじ・評価〜

タイトル:魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜

  • 作者:秋
  • 文字数:2,928,327  <2020/08/01時点>
  • キーワード:R15 残酷な描写あり  魔王 男主人公 西洋 中世 チート 主人公最強 学園 魔法 コメディ要素

〜あらすじ〜

人も、精霊も、神々すら滅ぼして、魔王と恐れられた男がいた。

不可能を知らぬ魔王アノスは荒んだ世界に飽き、転生の魔法を使った。

二千年後。目覚めた彼を待っていたのは、魔王を育てるデルゾゲード魔王学院である。そこでアノスが目にしたのは、平和に慣れ、弱くなりすぎた子孫たち。そして驚くほど低次元な魔法術式だった。

その上、正真正銘、魔王の始祖である彼が、なぜか不適合者の烙印を押されることになってしまい……!?

小説家になろう『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜』より

「魔王学院の不適合者」、急速にメディアで取り上げられ、最近話題となっている作品です。

今ではアニメ化もされていますね。

ただ、アニメの方はかなり話が省略されているので、多分初見の人は何が何だか分からないんじゃないかなと思いました・・・笑

やはり小説が一番良いと思ってしまいます。

それでは、詳しく紹介していきます!

◎『魔王学院の不適合者』の魅力

最強主人公

とにかく主人公が強すぎます。

物語に登場するキャラクターも段違いに強い人は存在するのですが、それよりも二段三段上の存在です。

私は安直な最強ものはあまり好きではないのですが、この小説は結構好きです。

何かしらのyoutubeで見たのですが、日本のアニメキャラの中で最強は誰だ?というテーマで「魔王学院の不適合者」の主人公が候補に上がってましたね笑

ドラゴンボールやワンパンマンも候補に上がっていたので、メジャーなアニメキャラと並んでいるのが若干感慨深かった思い出があります・・・

安心して読める

先ほど主人公が破茶滅茶に強い、ということを説明しましたが、主人公はその強さを使って周りの人をを救っていきます。

訳あって主人公が不在になった時に怒った悲劇も、全て巻き返して救います。

もちろんそれまでに紆余曲折はありますが、何がなんでもハッピーエンドにするという主人公の信念は安心して小説を読む材料になります。

何か起こっても「まぁアノス(主人公)がなんとかするでしょう!」と無責任に任せられる安心感があります。

話が複雑

先ほどアニメでは端折られすぎていると言いましたが、アニメでは説明できないんじゃないかと思うほどに小説での情報量は凄いです。

というのも、序盤のシーンなどは全部理由があっての出来事です。

表面的には〇〇に見えても、実は裏では▽▽だた・・・みたいな事はよくあります。

細かくは言いませんが、その序盤の理由付けを知るだけでも小説じゃないとかなり厳しんじゃないかなと思います。

アニメ版から入った方は是非小説の方も1回読んでみて欲しいです。

書籍化について

「魔王学院の不適合者」は電撃文庫より、1〜8巻まで発売されています!

小説家になろうの一章につき一冊、といったイメージで良いかと思います。

いまなろう版が13章まで続いているので、この調子でいくと15巻は超えそうですね笑

どこまでいくのか楽しみです!

下にリンク貼っておきます。


魔王学院の不適合者 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ (電撃文庫)


魔王学院の不適合者5 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ (電撃文庫)


魔王学院の不適合者7 ~史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う~ (電撃文庫)

まとめ・リンク

本日は『魔王学院の不適合者』を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

また明日も作品紹介をしていきますので、是非チェックしてみてください!

それでは、またお会いしましょう!

気になった方はこちら→『魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました