小説家になろうのオススメ『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』

すべて

こんにちは、読み専です。

このサイトは、「小説家になろう」にて掲載されている作品で、私が個人的におもしろいと思ったものを紹介しています。

もし、「読みたい小説が見つからない!」や、「この小説気になっているけど、なかなか手が伸びない・・・」といった方は、ぜひこのサイトを活用していただければと思います。

それでは第35回作品紹介、本日もやっていきたいと思います。

『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』〜あらすじ・評価〜

タイトル:乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です    <完結済>

  • 作者:三嶋 与夢
  • 文字数:1,149,895<2020/07/30時点>
  • キーワード:R15 残酷な描写あり 異世界転生  乙女ゲーム 悪役令嬢 冒険 人工知能 男主人公 学園 近代 ダンジョン ロボット 飛行船 一人称 チート

〜あらすじ〜

男が乙女ゲー世界に転生!?

男爵家の三男として第二の人生を歩むことになった「リオン」だが、そこはまさかの知っている乙女ゲーの世界。

大地が空に浮かび、飛行船が空を行き交うファンタジー世界だった。

冒険者が存在し、何ともワクワクする異世界。

だが、リオンは素直に楽しめない。

それは女尊男卑が凄い世界で、貴族の男は婚活に悪戦苦闘する世界だったからだ。

外道な自称モブ男主人公が暴れ回るゲーム系異世界ファンタジー!

※GCノベルズ様より書籍化済み。

小説家になろう『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』より

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」、こちらは個人的に黄金期と呼んでいる2107年に投稿が開始された作品です!

本当に面白くて、どんな人が書いているんだろうと気になったんですけど、かの有名な「セブンス」を書かれていた方でした笑

確かに言われてみれば、決めるところは決めるけど普段はコミカルな感じがそっくりだなぁと思いました。

それでは、詳しく紹介していきます!

◎『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』の魅力

メリハリのついたストーリー

普段の話や地の文はとてもコミカルなのですが、戦闘シーンやシリアスになった途端、雰囲気がバチっと変わります。

なのでずっとシリアスが続くなどの気疲れもないですし、話に緊迫感がないといったこともないので、とても楽しくスラスラ読めます。

私もこの作品を初めて読んだときは結構かかりきりになっていました。

読めば読むほど面白い

序盤はよくある乙女ゲーの転生ものといったストーリーですが、話を読み進めるとどんどんそこから離脱していき、新たなストーリーが始まります。

そこでキャラ同士の関係が変わったりすることが良くあります。

明らかにヘイト値を溜めていた敵キャラクターが、読み進めるほどに何故か憎めないアホキャラになっていたりしています笑

主人公無双のさじ加減

明らかに無双していることもよくあるのですが、主人公と同等の力を持つ敵も現れたりもします。

なので、緊迫した場面を読んでいても、「どうせ主人公が勝つんでしょ?」という安心感を得てしまうことがないです。

私は結構ハラハラしてしまうことが多かった印象がこの小説にはあります笑

ただ無双シーンは本当に気持ち良く無双してくれるので、とても爽快な気分を得られます!

△『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』の気になった点

女尊男卑の観念が・・・

女尊男卑の世界観に文句を言うわけではなく、どうして女尊男卑になったのかが良く分からなかったです。

一応そうなった経緯というのは書かれているのですが、「そしたら普通男尊女卑の世界になるのでは・・・?」と思ってしまいました。

世界観をもう少し丁寧に設定してほしかったな、と個人的には思います。

書籍化について

「乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です」は現在、GCノベルズにて1〜6巻まで発売されています!

書籍版はweb版に比べ加筆修正が多く、書き下ろしストーリーも増えています!

なお、3,4巻ではおまけで本来ヒロインではなかったキャラクターがヒロインのルートも読めます!

イラストに関しては金髪の女性人物がとても多いイメージがあります。

私は金髪の女性がタイプなので、とても嬉しいです笑

下にリンク貼っておきます。


乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 2 (GCノベルズ)


乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です 6 (GCノベルズ)

まとめ・リンク

本日は『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です』を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

また明日も作品紹介をしていきますので、是非チェックしてみてください!

それでは、またお会いしましょう!

気になった方はこちら→『乙女ゲー世界はモブに厳しい世界です

コメント

タイトルとURLをコピーしました