小説家になろうのオススメ『その冒険者、取り扱い注意。〜正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王〜』

すべて

こんにちは、読み専です。

第13回作品紹介、本日もやっていきたいと思います。

『その冒険者、取り扱い注意。〜正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王〜』〜あらすじ・評価〜

タイトル:その冒険者、取り扱い注意。〜正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王〜

  • 作者:Sin Guilty
  • 文字数:894,782  <2020/07/07時点>
  • キーワード:R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移  冒険 主人公最強 猫 強大な部下群 吸血鬼 鳳凰 ネット小説大賞六 迷宮 育成 ハーレム ギルド コミカライズ 俺TUEEE 暗躍 蹂躙

〜あらすじ〜

冒険者としては少数しか存在しないとはいえ、その魔法使いはありふれた冒険者の一人に過ぎないハズだった。

普通に冒険者ギルドに登録し、普通に迷宮攻略を開始し、少々効率はいいものの普通に成長を重ねる。

だがその冒険者が普通にレベルを上げてゆくに従い、世界は「普通」からほど遠くなってゆく。

本来辿るはずであった歴史から大きく逸脱してゆく。

なぜならば、その冒険者は本来世界が辿るべき歴史とそのあらゆる派生を識る者。

ヒイロと名乗るその冒険者は普通? の冒険者暮らしを続ける裏で、『黒の王』として無敵の配下と居城『天空城』を率い、本当はあり得ないはずだった己の望む未来を切り拓く!

ツギクルブックス様より、書籍版、電子書籍版発売中です! よろしくお願いします!

KADOKAWA様が運営しておられる無料漫画が読める「Comic Walker」にて、10/11より満月シオン先生によるコミカライズ版の連載を開始していただいております!

2020/3/27 コミカライズ版1巻が発売されております!

小説家になろう『その冒険者、取り扱い注意。〜正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王〜』より

この作品、小説家になろう読者の方でも知っている方、あまりいないんじゃないかなというのが個人的な感想です。

Sin Guiltyさんは爆発的に人気な作品があるといった訳ではないですが、流行に囚われず、堅実に作品を作る方といったイメージがあります。

この方の他の作品でとても独創的で面白いものがありますので、また後日に紹介させていただこうと思います!

それでは話を戻しまして、その冒険者、取り扱い注意。について紹介していきます!

◎『その冒険者、取り扱い注意。〜正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王〜』の魅力

最強の安心感

主人公が極めたゲームの世界に転移するお話ですので、話の始まりから主人公軍団がずば抜けて強いです!

少し話が脱線しますが、なろう小説の最大の武器って、気軽に楽しい物語にトリップできることだと思うんです。

本屋で売ってるような小説って結構読むのに疲れたりしませんか?

そうではなくて、軽い気分で読めて異世界気分を楽しく味わえ、なおかつ疲れることが無いというのが小説家になろうがここまで人気がでた理由だと思います。

その長所を存分に生かした作品だと思います!

引き継がれるキャラクター

これはSin Guiltyさんの他の作品を読まないと分からないですよね笑

Sin Guiltyさんの書くそれぞれの物語で主人公は違うのですが、主人公に付き添っているキャラクターは引き継がれているんです!

例えば、大人気漫画「フェアリーテイル」で登場するプルーというキャラクターは、真島ヒロ先生前作の「RAVE」という漫画から引き継がれています。

そういった感じで前作から『その冒険者、取り扱い注意』にも引き継がれたキャラクターがいるのです!

個人的にも好きなキャラクターだったので、そのキャラクターが出た時はすごく喜んでしまいました笑

分かりやすい世界設定

元はゲーム世界ということで、ゲーム好きな私にとってはとてもとっつきやすい物語でした!

お気に入りのキャラクターの限定装備に課金してしまう気持ち、すごくよく分かります・・・

私はとあるスマホゲームに1万円の課金をしたら、その次の日にサービス終了のお知らせが来たことがありまして、それ以来課金はしていないですが・・・

自分が転移したらどんなキャラクターがいるかなぁと考えるのもとても楽しいです!

△『その冒険者、取り扱い注意。〜正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王〜』の気になった点

文章にクセがある

ルビを振って違う読み方にしたり、文字を強調することが結構多い作者さんです。

私はSin Guiltyさんの小説が大好きなのでもう慣れっこですが、慣れるまではそれが気になってしまって、文章がなかなか頭に入ってこないという事もあるかと思います笑

それが気にならなくなれば、とても楽しく小説を読めると思います!

主人公に賛同する人が多い

登場する国全体が主人公のやる事なす事に全て賛成!といった感じですので、読んでいて少し違和感を感じることがあります。

意見が完全統一された組織ってあまり人間味がなくて怖く見えないですか?笑

そのようなイメージです!

もう少し反対の意見をもつキャラクターを登場させてもいいのではないかなと感じました。

そのほうが物語に深みが出る気がします!

書籍化について

その冒険者、取り扱い注意。は2019年2月にツギクルブックスから1巻発売されています!

現在も更新されている作品ですので、ぜひ2巻,3巻と発売されていったら嬉しいですね!


その冒険者、取り扱い注意。 ~正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王~ (ツギクルブックス)

まとめ・リンク

本日は『その冒険者、取り扱い注意。〜正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王〜』を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

Sin Guiltyさんの作品はとても好きなものが多いので、また紹介させていただくと思います!

それでは明日も作品紹介をしていきますので、是非チェックしてみてください!

またお会いしましょう!

気になった方はこちら→『その冒険者、取り扱い注意。〜正体は無敵の下僕たちを統べる異世界最強の魔導王〜

コメント

タイトルとURLをコピーしました