小説家になろうのオススメ『鎮静のクロッカス』

すべて

こんにちは、読み専です。

このサイトはインターネットでて掲載されているweb小説で、私が個人的におもしろいと思ったものを紹介しています。

もし、「読みたい小説が見つからない!」や、「この小説気になっているけど、なかなか手が伸びない・・・」といった方は、ぜひこのサイトを活用していただければと思います。

それでは第54回作品紹介、本日もやっていきたいと思います。

『鎮静のクロッカス』〜あらすじ・評価〜

タイトル:鎮静のクロッカス

  • 作者:三角四角 さん
  • 文字数:456,813  <2020/08/20時点>
  • キーワード:異能力バトル 余裕系主人公 女顔主人公 1対1 悪戯系主人公 主人公最強&天才 潜入任務 超戦略 駆け引き お嬢様 天才的頭脳 友達がイケメン ツンデレ幼馴染 復讐者 ルームメイト 荒れる青春 拗れる友情 ネット小説大賞七感想

〜あらすじ〜

士(フォーサー)という力を持つ者が当たり前となった時代。

 アメリカ留学を終えて帰国した漣湊(さざなみ みなと)は、名門国立校へと入学した。

 漣湊、その正体は『聖(ひじり)』という上層組織の隊長、コードネーム「クロッカス」であり、その強さは世界屈指。知能指数は最高クラス。

しかしそれは当然のように隠さなければいけない。

 湊は全寮制の学園で爽やかで凛々しいイケメン男子と相部屋になる。

その男子もまた、湊には一歩及ばないがとある組織の強者であり、湊は運良くその陰に隠れて学園生活を過ごせることになった。

 これは、あらゆる勢力と勢力がぶつかり合う中、裏で湊がひっそりと暗躍していく物語。

_____レビューだけでも見て下さい(このあらすじより適確に説明できてます)。

小説家になろう『鎮静のクロッカス』より

鎮静のクロッカス」、更新が一年されていない未完結の作品ですが、本当に面白いので紹介させていただきます。

この小説はいわゆる暗躍ものですね!

暗躍ものと言えば「陰の実力者になりたくて!」を思い出す方が多いと思いますが、主人公の暗躍度合いで言ったらこちらの方が本格的だと感じます。

それでは、詳しく紹介していきます!

◎『鎮静のクロッカス』の魅力

王道主人公

この物語で、きっと主人公になるはずだった人物が、紅井勇士です。

爽やかイケメンで美少女の幼馴染がいて、かなりの実力者という他の小説だったら絶対に主人公を張っているようなタイプです。

しかも学園に通うにあたり、しっかりと実力を隠してるあたりがすごく本格的です!

実際に物語はこの王道主人公がメインとなり、ストーリーが進んでいきます。

土壇場の場面では隠していた実力を発揮したり、とても見所満載です!

暗躍している立場からですけどね・・・笑

本当に主人公の手の平でうまく踊っています笑

暗躍主人公

そんな見所満載な主人公をさらに欺くのがこの小説の本当の主人公です。

能力に関してはかなり素人を装っていますが、その実力の高さは紅井くんが隠しているものの比になりません笑

紅井くんは本当に王道の主人公といった感じなのですが、暗躍主人公の湊から見ると何故かすごく鼻につきます。笑

湊くんからみると紅井くんの隠しているものがすごくちっぽけに見えるので、そのせいですかね・・・

全て知った上で王道の物語を見るとこんなにも滑稽なのか・・・という気持ちになりました笑

そして、湊くんのの本当の姿は紅井くんの恨みの対象というのがたまらないです!

今まで暗躍してい立場といい関係を築いてきた王道の紅井くんが本当の姿を知った時、どのような展開になるのかがとても楽しみです・・・

歪んだ登場人物

キーワードをみていただけると分かりますが、普通のキャラクターはなかなか登場しないです。

というか、キーワードからして一癖ありますよね笑

基本的に物語の主人公サイドの人物は闇が深いです。

そして、めちゃくちゃ頭の切れる暗躍サイドがそれを飄々と観察しているという・・・

文字に表したらなかなかえげつない作品ですね・・・

生い立ちからして歪んでいることもありますが、恋愛関係での嫉妬なども含まれています。

この作品は恋愛での嫉妬からくる登場人物の醜さを本当にうまく表現していて、何故か感動しました・・・

隠しているつもりだけど隠しきれていない汚い感情がすごくよく伝わってきます。

△『鎮静のクロッカス』の気になった点

更新が・・・

最初の方でも書きましたが、本当に残念なことに2018年の12月から更新が止まってしまっています・・・

この作品が続いたら絶対に面白いことがわかっているからこそ、残念でならないです・・・

まだ青春も荒れていないですし、友情も拗れていないので、いつか作者さんが社会人生活に馴れ、小説家になろうに手を伸ばしてくれることを祈っています!

書籍化について

「鎮静のクロッカス」は書籍化という話はありません。

ただ、もし連載が再開されたらかなりの確率で書籍化されるのではないかと考えています。

万人受けする物語ですし、とにかくオリジナル性がすごいです。

「陰の実力者」も書籍版は結構売れていたイメージがあるので、この小説も書籍化できたらいい線行くと思うのですが・・・

ただ、それも連載が再開されることが前提のお話になりますね。

まとめ・リンク

本日は『鎮静のクロッカス』を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

明日の作品紹介ですが、もしかしたらお休みになるかもです。

凄く面白い長編小説を何作品か見つけてしまったので、そちらに集中したいと思います!

読み終えましたら、随時こちらで紹介していきます!

それでは、またお会いしましょう!

気になった方はこちら→『鎮静のクロッカス

コメント

タイトルとURLをコピーしました