【厳選7作品】〜本当に面白かったオススメなろう小説〜

すべて

こんにちは、読み専です。

本日は小説家になろうのオススメということで、7作品厳選してみました。

よくオススメと調べてみると、50選、60選とあって逆にどれを読んだらいいか分からなくなりませんか?

なので私目線でずっと印象に残っていたり、何回も読み返すほどお気に入りの小説をまとめました。

それではどうぞ!

王道のなろう小説を読みたい!といったあなたへ〜2選〜

無職転生 – 異世界いったら本気だす –

前世が引きこもりニートだった主人公ルーデウスが、今回の人生は本気で生きて、胸を張っていられる人になろうと決意し、その決意を貫いていくお話。様々な出会いもあれば厳しい受難もあるが、それでもと必死に生きていく。中盤では家族を作り、家族とのすれ違いや人の心情などをリアルに描いた作品。

ポイント

小説家になろうの代表作。金字塔と言っても過言ではないです。

ポイントとしては、決してサクセスストーリーではないところ。

理不尽な事が訪れても絶対に諦めず、ひたすらに足掻いて良い結果を手繰り寄せます。

また、前世で家族を蔑ろにしてしまったことを後悔したり、なんとか自分を励まそうとしてくれた友人などに想いを馳せるシーンがとても印象深いです。

決して異世界おもしろ物語ではなく、人とは何なのか、成長するということはどういう事なのかをルーデウスを通して伝えてくれる小説です。

気になった方はこちら→『無職転生 – 異世界いったら本気だす –

テレポーター

魔力が多すぎることによって親に捨てられた少年聖夜が世界最強の魔法使いに拾われ、その人のギルドの元で仕事をしていくうちに魔法世界の中で頭角を現していく王道ファンタジー。魔法学校で学園生活を送ることになってからは、ほのぼのとした日常を送っているが、敵対しているギルドから急に命を狙われることもある。主人公が持つ力「神の無系統魔法」、世界の謎を握っているという人物「脚本家」。主人公が強くなればなるほど、世界の不気味な真実に近づいていく。

ポイント

小説家になろうではあまり有名でない作品ですが、クオリティの高さが異常です。

魔法についてや世界観など、全てがしっかりとカテゴライズ化されているのでストーリーがブレるといったことがありません。

とある理由で学校では差別扱いを受けますが、それを実力でねじ伏せるシーンはとても爽快感があります。

そしてひたすら修行を行い、敵対ギルドと抗争しながら世界の構造を知ります。

絶対にあなたが想像つかない展開が待っていることでしょう。

気になった方はこちら→『テレポーター

普通のなろう小説は食傷気味!といったあなたへ〜2選〜

難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜

世界が平和になり、冒険者や魔物も争うことで人を楽しませる、エンターテイメント化した時代。主人公レメは冒険者の勇者の役職に憧れるが、実際に適性があったのは黒魔導士。不遇職と蔑まれる中、幼馴染の勇者フェニクスらとパーティを組んで活動していたが、ついにパーティからも追放されてしまう。そんな失意の中、主人公をスカウトしたのは魔物側で活動している吸血鬼カーミラだった。主人公はその誘いに乗り、正体不明の闇魔導士「レメゲドン」として魔王城を数々の冒険者から守っていく。

ポイント

よくあるザマァ展開の小説かと思いきや、そんな安直な展開で終わらせない、かなりアツい小説です。

とにかく1章だけでも読んでほしい。

主人公がどれほどパーティに貢献していたのか、そしてそれが敵に回るとどれほど恐ろしいのか。

今まで蔑まれていた黒魔導士のイメージが変わっていくシーンが本当に感動します。

気になった方はこちら→『難攻不落の魔王城へようこそ〜デバフは不要と勇者パーティーを追い出された黒魔導士、魔王軍の最高幹部に迎えられる〜

最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える

主人公ノエルは、伝説の探索者として名を馳せた祖父の死に際に「最強の探索者になる」ということを約束した。不運なことに主人公の役職は支援職と戦闘に不向きであったが、それすらも逆手に取り、祖父との約束を叶えるために主人公はひたすら頂上を目指していく。街へと引っ越したノエルはそこで探索者として名を上げるためにクランを作る。そして武力や搦め手を使い、世界最強と言われる7つのギルド「七星」へと挑む。

ポイント

主人公が祖父との約束を果たすために頂点を目指していくお話です。

この小説の何がすごいって、恋愛シーンとか一切無いんです。

とにかく、どのようにして上へ這い上がるかという事のみ。

その主人公の気高さに惚れた強者たちが、主人公と一緒に頂点を目指します。

なお、ご家庭の事情で途中で完結となっていますが、続きは書籍版で読めるそうです。

私は迷わずに購入します。

気になった方はこちら→『最凶の支援職【話術士】である俺は世界最強クランを従える

とにかく甘い小説で癒されたい!といったあなたへ〜2選〜

お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

マンションで一人暮らしをしている周はある雨の日、学校一の美女であり、隣の家に住んでいる椎名真昼を見かける。一人で傘もささず、寂しげにブランコに座っている真昼を放っておくことができず、周は傘を渡す。そのせいで風邪を引いてしまった周は真昼の看病を受けることになる。それにより普段の私生活がかなりズボラなことがバレてしまい、ご飯のおすそ分けや家の片付けなど、少し変わった形で関わっていくようになる。そしてお互いの距離が徐々に近付いていき、好意を持っていくお話。

ポイント

とにかく真昼が可愛くて、とにかく甘い甘いラブストーリーです。

周も真昼、両方ともお互いに好意をもっているけど、なかなかそれを表に出せないじれじれ感もたまらないです。

序盤の少しツンツンしている頃から、仲良くなって笑顔を見せてくれるようになり、そして好意を持ってくれるようになりーーと、かなり段階を踏みながらラブラブっぷりを楽しめます。

隣人同士で付き合った二人がどのように日常を過ごすのか、ぜひあなたも見届けてください。

気になった方はこちら→『お隣の天使様にいつの間にか駄目人間にされていた件

社畜男はB人お姉さんに助けられてーー

とあるブラック企業に勤める大輝は、階段で足を踏み外した女性を助ける。その女性はとある企業で社長を勤め、超高級マンション、いわゆる億ションに住む超大金持ちであった。助けてくれたお礼にと部屋に上がらせてもらった大輝は、そこで得意の料理を振る舞う。その料理をいたく気に入った女社長は、大輝と少しずつ関わりを持ち始め、頻繁に家に上げるようになる。大輝がブラック企業に勤めていると知ると、自分の会社にとスカウトを始めるがーー

ポイント

小説家になろうでは珍しい社会人ラブコメです。

主人公の大輝は洋食店の息子という事でかなり料理が上手く、どのように調理しているのか詳しく書かれています。とにかく美味しそうに書かれるので、読んでいる私もお腹がすいてきます。

大輝がどのようにブラック企業をやめるのか、そして女社長の元でどのように働いていくのか、とても気になる小説です。

気になった方はこちら→『社畜男はB人お姉さんに助けられてーー

日常生活で傷つきやすいあなたへ〜1選〜

心が強くなる小説『プラトニクス』

ぱっと見どこにでもいるような中学校3年の少年、怜とそんな怜と付き合っている学校一の美少女同級生、環のありふれた日常恋愛物語。学校での生活や週末の家族とのお出かけ、彼女とのデートなどいたって普通の日常を怜がどのような気持ちで過ごしていくのかを見届ける。クラスメイトから学校一の美少女と付き合っていることに対する妬みや悪質なイタズラなども含んだ、とてもリアルな作品。

ポイント

「日常生活で傷つきやすいあなたへ」ということでオススメしましたが、中学生の恋愛小説から何を学べるんだ、と思う事でしょう。

この小説では、中学生によくある悪質なイタズラを、主人公の怜は特有の考え方で平然と乗り越えていきます。

人の悪意の向き合い方、そして人のありがた迷惑に対しての考え方。

自分の心とはどのようなものなのか。

受験勉強やイジメ、そして思春期特有の心情などリアルな事柄を上手く扱い、それを通して自分の心はどうやって守っていけばいいかを教えてくれます。

気になった方はこちら→『プラトニクス

〜まとめ〜

小説家になろうのオススメ7選でした!

いかがでしたでしょうか?

この7作品は本当に私のお気に入りです。

是非あなたの気が向いた時、ぜひ読んでみてください!

それではまたお会いしましょう!

コメント

  1. R より:

    他ではあまり挙げられないテレポーターとかプラトニクス、君に捧げる英雄録が挙げられていて、こういったweb小説のおすすめをまとめているサイトで初めて共感できました!
    他のおすすめも読んでみたいと思います‍♂️

    • 読み専 より:

      コメントありがとうございます!
      私自身、そのあたりの小説をもっと多くの人に読んでもらいたくてサイトを始めましたので、そう言っていただけると非常に嬉しいです・・・!
      これからも細々と続けていきますので、是非気の向いた時に遊びに来てていただけたら幸いです!

タイトルとURLをコピーしました