カクヨムのオススメ『Hero Swordplay Breakdown』

すべて

こんにちは、読み専です。

このサイトはインターネットでて掲載されているweb小説で、私が個人的におもしろいと思ったものを紹介しています。

もし、「読みたい小説が見つからない!」や、「この小説気になっているけど、なかなか手が伸びない・・・」といった方は、ぜひこのサイトを活用していただければと思います。

それでは第51回作品紹介、本日もやっていきたいと思います。

『Hero Swordplay Breakdown』〜あらすじ・評価〜

タイトル:Hero Swordplay Breakdown

  • 作者:大虎龍真 さん
  • 文字数:1,052,575  <2020/時点>
  • キーワード:サムライと刀 英雄 相棒 バトル チート無し むしろ敵がチート 剣と魔法 薄い歴史要素

〜あらすじ〜

※第5回カクヨムWeb小説コンテスト異世界ファンタジー部門特別賞を受賞するという栄誉をいただきました! 読んでくださった皆様、応援してくださった皆様、ご評価いただいた皆様、本当にありがとございます!

※※200回目に主要人物紹介。201回目に用語解説集を載せております。

※日ノ本一の剣士とすら謳われし男は、自らの臨終の際に頭の内に聞こえてきた謎の声に導かれ、生きる力を失ったとある少年エルフの肉体を手に入れてしまう。肉体を貰い受けた少年エルフ、ハークの名を受け継ぎ異世界にて第二の生を得た彼であったが、その世界は『レベル』『ステータス』そして『SKILL』が存在し、壁となって立ちはだかる。彼はそれらを虎型の魔獣、虎丸という相棒とともに一つ一つ乗り越えていく。

第一幕:古都ソーディアン編

第二幕:学園編 

第三幕:辺境領ワレンシュタイン編 ← 今ココ!

第四幕:モーデル王国編 

第五幕:帝国編

カクヨム『Hero Swordplay Breakdown』より

「Hero Swordplay Breakdown」、ずっと前から知ってはいたのですが、そのころはあらすじによると第1章まででしたので、もう少し貯めてから読もうと思ってました。

この間久しぶりにページを見てみたらかなり話が進んでいたので読んでみたのですが、滅茶苦茶面白くてお盆で全て読み終えてしまいました・・・

しかし、やはり100万文字もあるとかなり読み応えがあります。

それでは詳しく紹介していきます!

◎『Hero Swordplay Breakdown』の魅力

主人公が剣を極める物語

前世の最期で刀の究極を見た主人公が異世界でエルフと転生し、長い生涯をかけて刀を極めるお話です。

相棒であるビャッコの虎丸と共に冒険者として身を立て、刀で自身を鍛え上げていきます。

この物語を語る上で欠かせないのが「SKILL」です。

この世界のSKILLとは自身のSPを消費して行う一連のコマンドです。

それは魔法もあれば、剣での攻撃もあります。

そのSKILLを主人公は刀を使い独自開発していくのですが、それがとにかくカッコいいです。

振り下ろしの究極のようなSKILLもあれば、抜刀術もあります。

多分「鬼滅の刃」が好きな方はこの小説も好きなんじゃないかな・・・と個人的に思っていたりします。

最初のSKILLを構築するまで話数がありますが、そこからは魅力的な戦闘シーンが満載です!

題名と設定のセンスがすごい

題名は「Hero Swordplay Breakdown」とオシャレな感じですが、主人公はカタカナの用語もわからないです。

サンドイッチは三度一致と表記されますし、どこかでカタカナが出てきたらまずそこに突っ込みます笑

そこのチグハグさがとても好きです。

最初題名を見た時は近未来的なお話かなと予想していたのですが、全くの逆でした笑

しかも、剣を極めようとする主人公に対し、題名はかなり意味深な雰囲気を出しています。

題名の由来などはこの後のストーリーで明かされていくのか、非常に楽しみです。

陰謀まみれな環境

先ほど主人公が刀を極める物語と書きましたが、それにしては環境が劣悪な陰謀で構成されています。

なんなら、今思い返すと主人公が一気に強くなる場面は陰謀がらみが殆どじゃないかと思うほどです笑

それでも弱きを助け、強きを挫くを地で行く主人公が本当に格好いいです・・・

本当にジャイアントキリングしまくりなので、そういった豪快な場面が好きな方にはたまらない小説だと思います。

△『Hero Swordplay Breakdown』の気になった点

恋愛面が・・・

話ごとに挟まれている登場人物紹介で細かい設定が書かれているのですが、そこには少し恋愛的な要素が書かれていたりするのですが、残念なことに本編ではそれらしい要素が殆どないです・・・

個人的に恋路を応援しているキャラがいるのですが、どこまで進展しているのかはその登場人物紹介で確認しなければならないです。

是非!第四幕ではもう少し分かりやすく入れていただけると、非常に嬉しいです!

なにせ第四章が私の応援しているキャラの独壇場なのですから・・・

書籍化について

「Hero Swordplay Breakdown」は特に書籍化されるというお話はでていなさそうです。

しかし、あらすじに書いてある通り第5回のカクヨムコンで特別賞を受賞しているとのことですので、書籍化への道はかなり近いのではないかなと思っています・・・

もし書籍化される場合は題名はこのままで行くのか、個人的には気になるところです。

すごく目を引くタイトルですし、どんなお話か気になる人が多いと思いますので、是非このままで突き抜けていってほしいです・・・

まとめ・リンク

本日は『Hero Swordplay Breakdown』を紹介させていただきました。

いかがでしたでしょうか?

また明日も作品紹介をしていきますので、是非チェックしてみてください!

それでは、またお会いしましょう!

気になった方はこちら→『Hero Swordplay Breakdown

コメント

タイトルとURLをコピーしました